2010年09月15日

うさぎ饅頭

usagiman.PNG

カフェスタイルのイラストの先生お勧めのマッチカラーという絵の具で描いてみました。

安価なのに色がきれい! しかも混色しても濁らないし、いくら筆を洗っても水があんまり汚れない。これは驚き。安全性が高く、乾いても色が変わらない(普通の透明水彩絵の具は、乾くと色が薄くなるのが多い)というのは調査済みだったんだけど、実際に使ってみたら、なんかいろいろ感動してしまった。

絵の具はいろいろ持ってるから、あるのでいいかな〜と思ったけど、ちょっと試してみたくて。でも買ってよかったわ〜♪ こんなに描いていて楽しい絵の具があったなんて。ただ、どこにでも売ってないのが残念。



今回も本を見て描きました。

透明水彩で描くお菓子

透明水彩で描くお菓子

  • 作者: 林 真理
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本




タグ:透明水彩

   拍手する
posted by 里緒 at 11:00 | Comment(2) | イラスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マッチカラーは聞いたことあるのだけど
水彩絵の具は持ってるから、いいか〜〜と思ってました。
ちょっと使ってみたくなりますね^^。
・・・でも、がまん〜><

うさぎ饅頭、湯気がたって、とっても美味しそうです^^。
湯気を見ても、げんなりしない涼しさになりましたね〜♪
Posted by chiii at 2010年09月15日 13:07
★chiiiさん

絵の具を語れるほど使いこなしてるわけではないけど、
マッチカラーはストレスのない絵の具という気がします。
技術もないのに道具はいろいろ目移りしちゃうんですよね〜(^^;)
Posted by 里緒 at 2010年09月15日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。